日本三大朝市 を旅する!朝市の魅力

日本三大朝市の魅力と特色
日本には、新鮮な食材や地元の工芸品を手に入れることができ、地元の文化や風情を感じることができる朝市が数多く存在します。
その中でも特に有名なのが、「日本三大朝市」と称される輪島朝市、勝浦朝市、呼子朝市です。これらの朝市は、それぞれ異なる特色と魅力を持ち、訪れる人々に素晴らしい体験を提供しています。

日本の朝市
画像出典元
日本の朝市

2024年開催情報

朝市 開催情報
輪島朝市 2024年の定休日カレンダーが公開されています。年間スケジュールには各月の定休日とイベント情報が掲載されています。詳しい詳細は公式WEBで確認してください。
勝浦朝市 2024年2月11日に「かつうら朝空マーケット」が開催されます。毎週水曜日が定休日ですが、2024年の「かつうらビッグひな祭り」開催期間中の2月28日(水)は開催します。詳しい詳細は公式WEBで確認してください。
呼子朝市 2024年2月24日(土)に「呼子マルシェ」が開催されます。朝市は毎日6:00〜12:00に開催されています。ただし、冬季は7:00から開催する店舗が多いです。詳しい詳細は公式WEBで確認してください。
宮川朝市 2024年1月24日(水)に「二十四日市」が開催されます。朝市は毎日開催されています。詳しい詳細は公式WEBで確認してください。

輪島朝市

輪島朝市は石川県輪島市で開かれる朝市で、日本三大朝市の一つに数えられます。

開催時間は月曜から日曜までの08:00 – 12:00。特に注目すべきは、その日によって出る店も場所もまちまちだが、だいたい100軒から250軒ぐらいの店が並び、鮮魚を扱う店が一番多いこと。また、舳倉島の名物蒸しアワビやサザエが目を引く。

項目 詳細
開催場所 通称「朝市通り」、輪島マリンタウンから徒歩約5分
住所 〒928-0001 石川県輪島市河井町
開催時間 朝8:00~正午12:00
商品 鮮魚、舳倉島の名物蒸しアワビ、サザエなど

詳しい詳細は公式WEBで確認

勝浦朝市

勝浦朝市は千葉県勝浦市で開催され、開催日は毎月第2・4日曜日。また、毎月1日~15日は「下本町朝市通り」で、毎月16日~月末までは「仲本町朝市通り」で開催されます。

項目 詳細
開催場所 毎月1日~15日は「下本町朝市通り」、毎月16日~月末は「仲本町朝市通り」[^1^][1]
住所 千葉県勝浦市勝浦
開催時間 6:30頃~11:00頃
商品 朝採りの魚介や干物、農作物など

詳しい詳細は公式WEBで確認

呼子朝市

呼子朝市は佐賀県の呼子で開かれる朝市で、営業時間は7時30分から12時(正午)まで、元日以外毎日開かれています。呼子の海の幸が豊富で新鮮かつお得に買えるということで、地元の人はもちろん、観光客も足を運ぶ賑やかな朝市です。特に、呼子朝市名物のいかを干した「さかな市場」や、露店の天日干しあじの開き(1P500円)、海のカステラ「阿っ焼」などが人気です。

項目 詳細
開催場所 松浦町商店街「朝市通り」
住所 〒847-0303 佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
開催時間 毎朝7時半から正午まで
商品 地元の魚介、旬の野菜、花など

詳しい詳細は公式WEBで確認

ガイドマップ

佐賀呼子いか
画像出典元
呼子いか

宮川朝市

宮川朝市は岐阜県高山市で開催され、開催日は年中無休。名物としては、「赤かぶ漬」、「朴葉餅」、「さるぼぼ」、みたらし団子、一位一刀彫などがあります。

項目 詳細
開催場所 宮川沿い、約350mの小道
住所 岐阜県高山市下三之町
開催時間 4月~12月:7:00~12:00、1月~3月:8:00~12:00[^2^][2]
商品 新鮮な野菜や果物、花など四季折々の楽しみがあります[^3^][7]

詳しい詳細は公式WEBで確認

朝市の魅力

朝市は、その地域の新鮮な食材や工芸品を手に入れることができるだけでなく、地元の文化や風情を感じることができる場所です。以下に、朝市の魅力をいくつか紹介します:

新鮮な食材:朝市では、その日に採れた新鮮な野菜や海の幸を手に入れることができます。これらの食材は、スーパーやデパートではなかなか手に入らないものもあります。
地元の工芸品:各地の朝市では、地元の職人が手作りした工芸品を販売しています。これらの工芸品は、その地域の伝統や文化を反映しており、観光の思い出にもなります。
地域の文化を体験:朝市は、地元の人々の生活や文化を垣間見ることができる場所でもあります。地元の人々との交流を通じて、その地域の生活や文化を深く理解することができます。
地元の食文化を体験:朝市では、地元の食材を使った料理を味わうこともできます。これらの料理は、その地域の食文化を体験する絶好の機会となります。

関連