鹿児島 番所鼻公園

番所鼻公園(バンドコロバナシゼンコウエン)は、鹿児島県南九州市頴娃町にある公園です。
開聞岳の麓、海岸沿いに位置し、海の池やタツノオトシゴ水族館、展望台などがあり、多くの観光客で賑わいます。

公園の一番の見どころは、干潮時に広がる「海の池」です。海の池は、数十万年前の火山活動とその後の浸食によって形成された天然の岩礁で、その中には「竜宮城への入り口」があったと伝説が残っています。干潮時には、池の周りを一周したり、生きもの観察を楽しんだりすることができます。

鹿児島 番所鼻公園
画像出典元
鹿児島 番所鼻公園

また、公園内には、タツノオトシゴ水族館があります。水族館では、タツノオトシゴやカクレクマノミなどの熱帯魚を間近で見ることができます。

さらに、公園の展望台からは、開聞岳を一望することができます。開聞岳は、鹿児島県のシンボル的な存在で、日本百名山にも選ばれています。

番所鼻公園は、自然と歴史が楽しめる人気の観光スポット

番所鼻公園の住所は、日本、〒891-0704 鹿児島県南九州市頴娃町別府5202
公式WEB

干潮時に広がる「海の池」

番所鼻公園の「海の池」
海の池は、数十万年前の火山活動とその後の浸食によって形成された天然の岩礁です。その独特の形状は、まるで自然が作り出したアート作品のようであり、多くの観光客を魅了しています。

番所鼻公園の海の池

海の池は、円形の岩礁に囲まれた池です。干潮時には、池の周りを一周することができ、その美しい景観を楽しむことができます。また、池の中には、ウミガメやカニ、エビなどの生きものたちが生息しており、生きもの観察を楽しむこともできます。♪

鹿児島 番所鼻公園
鹿児島
鹿児島 番所鼻公園

竜宮城への入り口伝説
海の池には、「竜宮城への入り口」があったという伝説が残っています。干潮時に池の周りを一周すると、まるで竜宮城に迷い込んだような気分になれます。

生きもの観察
海の池には、さまざまな生きものが生息しています。干潮時には、ウミガメやカニ、エビなどの生きものたちを間近で見ることができます。

これらのポイントを踏まえて、海の池のPRには、以下のような文言が効果的です。

「龍宮城への入り口」が広がる、自然の造形美を堪能できるスポット
干潮時に現れる、神秘的な海の池で、生きもの観察を楽しもう
また、海の池は、干潮の時間帯によって、その姿が大きく変化します。そのため、干潮の時間帯を事前に確認して、ベストなタイミングで訪れるようにしましょう。
鹿児島 タツノオトシゴハウス 専門の観光養殖場 飼育 2024年辰年旅!

鹿児島市かき氷天文館「白熊」の元祖むじゃきで鹿児島旅を満喫 せっかくグルメ紹介

関連