2024年 日本春のお祭り 高山祭(岐阜県)豪華絢爛な屋台 春の山王祭

春のお祭り 高山祭(岐阜県)

日本三大美祭のひとつ、飛騨の匠の技が結集した豪華絢爛な屋台巡行

高山祭は、岐阜県高山市で毎年4月14日・15日に開催される日枝神社の例祭「春の山王祭」と、10月9日・10日に開催される桜山八幡宮の例祭「秋の八幡祭」の総称です。

高山祭は、江戸時代の面影を残す伝統行事として、古くから多くの人々に親しまれてきました。高山祭の最大の特徴は、豪華絢爛な「屋台」と呼ばれる山車を曳いて市街を巡幸することです。屋台は、高さ約12メートル、幅約7メートル、重さ約20トンにも達する巨大なもので、飛騨の匠の技が結集された芸術作品です。屋台の屋根には、華やかな彫刻や装飾が施され、その美しさは圧巻です。

日本春のお祭り 高山祭(岐阜県)豪華絢爛な屋台

画像出典元
日本春のお祭り 高山祭(岐阜県)豪華絢爛な屋台

高山祭の屋台は、春と秋でそれぞれ趣が異なります。春の屋台は、桜や桃の花などの春の風物詩をモチーフにした装飾が施されているのが特徴です。一方、秋の屋台は、紅葉や菊などの秋の風物詩をモチーフにした装飾が施されています。

高山祭では、屋台の巡行以外にも、様々な伝統行事が催されます。春の祭りでは、屋台の巡行の前後に、町衆が練り歩く「屋台行列」が行われます。秋の祭りでは、屋台の巡行の後、屋台の上で踊りが行われる「屋台踊り」が行われます。

高山祭は、日本を代表する伝統行事の一つです。その華やかさや伝統の素晴らしさは、多くの人々を魅了し続けています。

見どころ

高山祭の見どころは、なんといってもその豪華絢爛な屋台です。高さ約12メートル、幅約7メートル、重さ約20トンにも達する巨大な屋台は、飛騨の匠の技が結集された芸術作品です。屋台の屋根には、華やかな彫刻や装飾が施され、その美しさは圧巻です。

屋台の巡行は、春と秋の2回行われ、それぞれに趣が異なります。春の屋台は、桜や桃の花などの春の風物詩をモチーフにした装飾が施されているのが特徴です。一方、秋の屋台は、紅葉や菊などの秋の風物詩をモチーフにした装飾が施されています。

屋台の巡行以外にも、高山祭には様々な見どころがあります。春の祭りでは、屋台の巡行の前後に、町衆が練り歩く「屋台行列」が行われます。秋の祭りでは、屋台の巡行の後、屋台の上で踊りが行われる「屋台踊り」が行われます。

ツアー情報

近畿ツーリストツアー詳細

⇒高山市周辺の宿泊施設
⇒添乗員同行の旅(クラブツーリズム主催)

日本春のお祭り 高山祭(岐阜県)ツアー情報

天岩戸温泉桜まつり 宮崎高千穂春の訪れを祝う祭り

コメント