ニュージーランドワーホリ「working holiday」の魅力を体験談

ワーキングホリデー
日本と協定を結んでいる国や地域に、18歳から30歳までの若者が、観光や就労、就学を目的として、最長1年間滞在できる制度です。

ワーキングホリデーの最大の特徴は、現地でアルバイトやボランティアなど、フルタイムで就労できることです。これにより、滞在費を稼ぎながら、現地の文化や生活を体験することができます。また、就労経験は、将来の就職やキャリアアップにも役立ちます。

ワーキングホリデーは、1つの国に対して1度しか利用できません。そのため、しっかりと準備をして、充実したワーキングホリデーを送りたいものです。

ワーキングホリデーの申請には、以下の条件を満たす必要があります。

18歳以上30歳未満であること
パスポートを所持していること
健康であること
経済的担保があること
申請には、外務省の指定する書類を準備し、各国の大使館・領事館に提出する必要があります。人生の貴重な経験になるでしょう

アカロア ニュージーランド 南島の町
画像出典元
アカロア
ニュージーランド 南島の町

ニュージーランドワーホリ

言語
英語、マオリ語、手話

宗教
キリスト教36.5%、無宗教48.2%など
気候
日本と季節が逆なので注意
ニュージーランドは、南半球の太平洋に位置する島国です。面積は日本の約4分の3で、人口は約500万人です。首都はウェリントンです。

ニュージーランドは、自然豊かな国として知られています。北島と南島に分かれており、両島には、火山、氷河、森林、湖沼など、さまざまな自然が息づいています。また、オーロラやクジラウォッチングなどの自然体験も人気です。

ニュージーランドは、先住民のマオリ族とヨーロッパ系の移民が共存する国です。マオリ文化は、ニュージーランドの文化に大きな影響を与えています。

ニュージーランドは、教育水準が高く、治安も良い国として知られています。また、英語が公用語となっており、ワーキングホリデーや留学先としても人気

ニュージーランド物価事情2023

ニュージーランドの物価は、日本と比べて全体的に高いです。特に、食料品や外食費、家賃などの生活費は、日本よりも高くなっています。

2023年12月現在、1ニュージーランドドルは約90円前後で推移しています。例えば、ビッグマック1個はNZ$14.60(約1,314円)、スーパーの食パン1斤はNZ$3.50(約315円)、月額家賃(1ベッドルーム)はNZ$2,000(約18万円)が目安です。

ニュージーランドへの旅行やワーキングホリデーを検討している方は、物価の高さを考慮して予算を立てておくことをおすすめします。

ニュージーの生活費、えぐ高いです( ; ; )まず空港に着いた瞬間から衝撃。
今となっては日本に帰りたい理由の一つは、物価が安いから🌞笑
たくさん美味しいもの食べたいです🍚

New Year’s countdown in Auckland

New Year’s countdown オークランド

🎉 2024年のオークランドで新年を迎えませんか? 🎉

オークランドの新年カウントダウンは、世界で最初に新年を迎える壮大な祝賀会です。2024年1月1日の真夜中(オークランド時間)に始まります1。真夜中にSky Towerから打ち上げられる花火は、一年の始まりを祝う素晴らしい瞬間を作り出します。🎆

SKYCITY Aucklandでは、一晩中楽しむことができます。カジノで運試しをしたり、美味しい食事を楽しんだり、ライブエンターテイメントで踊ったり、新年を迎えるための最高の場所です。🎰🍽️🎶

さらに、地元の大規模なパーティーに参加したり、オークランド港でのクルーズに乗ったりすることもできます。🥂🛳️

新年を迎えるための最高の場所は、間違いなくオークランドです。2024年の新年を一緒に祝いましょう!

ニュージーランド 海外航空券・格安航空券

Continue⇒

恐竜ラボ!キングオブ・ハンターズ from DINO-A-LIVE 2024 恐竜との生きた出会い イベント旅

関連